RISEパーソナルトレーニングジム&ピラティス中目黒店

正月太りなら炭水化物で!!!

あけましておめでとうございます!

本年もよろしくお願いいたします。

 

RISE personal traning gym中目黒(RISEパーソナルトレーニングジム中目黒)代表の旦尾です。

 

ついに来ましたねお正月

トレーニングやダイエットなどを忘れて、それぞれ楽しんでおりますか??

 

そんなお正月

どうしても食べ過ぎてしまいます・・・

 

ダイエットの最中・・・

でも・・・

というダイエット中の方やトレーニングをしている方はどうしても気になる食べ過ぎ問題!

 

どうしても食べてしまうこの時期ですが、せっかくなので楽しみたいですよね!

いや、楽しみましょう!!というお話です。

 

どうしても食べてしまうお正月のこの時期は『炭水化物』をたくさん食べることをお勧めします。

 

昔こんな研究がありました。

・高炭水化物食

・高脂肪食

の2グループに分けて2週間の過食期間を摂らせて、体組成や各栄養素の代謝率を観察すたデータがあります。

体重の増加は最初の7日間では、

 

・高炭水化物食 約3キロ増加

・高脂質食   約2キロ増加

 

となりました。

 

 

これは当然で

糖(炭水化物)は水分を引き込む性質があるため、淡水兜の摂取は水分の量が増えるため体重は増加します。
(逆に低炭水化物食にすると短期間で体重は減ります。これは脱水によるもの。)

 

14日目の体重増加は

・高炭水化物食 約3キロ増加

・高脂質食   約3キロ増加

と横並びになりました。

 

そして、この後14日目以降の通常食に戻した体重減少は

 

『高炭水化物食』

の方が早くなっています。

 

その後、14日後、21日後は顕著となっています。

 

高脂肪食の方が体脂肪率も上昇しており、体脂肪への蓄積が多くなっています。

 

代謝率の変化では、

・高炭水化物食

エネルギー消費量/1日 も大きくなり、糖質酸化(エネルギー化)が盛んになります。

 

対して

 

・高脂肪食

エネルギー消費の増加も少なく糖質酸化、脂質酸化も変化は起きませんでした。

 

ということは!!

 

正月の7日間程度であれば高炭水化物食の方が実際には体脂肪の蓄積は起こっておらず、早い時期に元の体重に戻しやすいということになります。

 

ただ、14日以上となるとこの限りではありませんので・・・。

もちろん、過食をしない方がいいですがこのようなデータだありますので参考に楽しんでいただければと思います。

お餅、お雑煮は楽しみお菓子類は控えめに・・・と言ったところでしょうか!

では皆様。

今年も健康で理想の身体作りを楽しみましょう!

 

 

パーソナルトレーニング & ピラティス
【RISE personal training  gym 中目黒】

🏢〒153-0043 東京都目黒区東山1-4-13 ASA東山ビル6階
📞03-6412-7011
📩info@rise-personalgym.com
LINE🆔@vrt81701
💻https://rise-personalgym.com