RISEパーソナルトレーニングジム&ピラティス中目黒店

ダイエットで炭水化物を抜いたらリバウンド!!

こんにちは!

RISE personal training gym 中目黒(RISEパーソナルトレーニングジム中目黒)のトレーナー旦尾です。

あっという間に12月。

徐々に気温が下がって寒い日が増えてきましたね。

 

こんな寒い日でも朝から散歩や軽くトレーニングをすると身体も温まるし、目も覚めるから朝から活発に動きたいですね♪

今日はダイエットに減らした方がいと思われている

`炭水化物`

ですが、実はダイエットをする人にはチョー大切な栄養素なんです!!

今日はそんな

炭水化物

のお話し。

 

 

ダイエット中はしっかり炭水化物を食べるべし

 

多くのダイエットをしている方がうまく行っているのかどうかを表す指標となるものが”体重”ですね。

炭水化物を抜けば抜くほど早期に体重が減ってきて嬉しい!!

でもこれをやめてしまうとまた戻ってしまう・・

こんな経験はみなさん大いにあると思います。

 

しかし、みなさんのダイエットがうまくいかないのは、そこが原因ではないかもしれません!

結論から言うと、ダイエットをしている人こそ炭水化物を食べるべきです。

それはなぜでしょうか!?

 

炭水化物を抜くとどうなる!?

 

多くのダイエットをしている人は炭水化物の量を極端に減らそうとしてしまいます。

でもそれは同時に、自身のカラダを破壊する行為だということを知っておく必要があります。

 

炭水化物を抜くと、

・痩せづらくなる

・睡眠が浅くなる(身体の疲れがとれない)

・貧血になる

他にもカラダへの悪影響がありますが、簡単に説明していきます!

 

 

炭水化物を抜くと痩せづらくなる

 

炭水化物は糖質食物繊維に分けられますが、糖質はカラダのエネルギー源です。

これを摂らないと言うことは、カラダのエネルギーを枯渇させると言うことになります。

カラダからエネルギーがなくなってしまうとどうなるでしょうか?

カラダは違うものからエネルギーを作ろうとします。そしてその対象となるのが筋肉です。

筋肉を分解することにより体内のエネルギーを保とうとします。

筋肉の分解は見た目を貧相に見せますし、逆に痩せにくいカラダを作ってしまいます。

 

 

炭水化物を抜くと睡眠が浅くなる

 

糖質は血糖値の変動にも大きく関わっていますが、カラダから糖質がなくなると低血糖になります。

特に夜間の低血糖は睡眠の質に大きな影響を与えます。

睡眠時に血糖値が下がってしまうと起床後の疲れが取れにくくなり、お昼間の急な眠気にもつながりますので、仕事のパフォーマンスにも大きく影響してくるでしょう。

特にダイエットをしている人は夜に炭水化物を抜く傾向があるので、夜間の低血糖で疲れがとれない方も多いのではないでしょうか?

 

 

炭水化物を抜くと貧血になる

 

特に女性ダイエットの中でも多く見られるのが、貧血ではないでしょうか?

これは血中の赤血球のエネルギーがなくなっているために起こります。

赤血球は体内への酸素供給(=エネルギー供給)を役割としますが、この赤血球は糖質を唯一のエネルギー源とします。(詳しくは他にもありますが割愛)

赤血球は糖質がないと

・働かない

・作られない

・小さくなる

これらにより貧血の症状を引き起こします。

鉄分をとっても貧血がよくならないのはこれが原因かもしれません。

 

そんなしっかり食事を食べながら痩せれるパーソナルジムは中目黒にありますよ!!

ご連絡をお待ちしております!

 

パーソナルトレーニング & ピラティス
【RISE personal training  gym 中目黒】

🏢〒153-0043 東京都目黒区東山1-4-13 ASA東山ビル6階
📞03-6412-7011
📩info@rise-personalgym.com
LINE🆔@vrt81701
💻https://rise-personalgym.com